半導体部会が平成27年度JEITA会長賞を受賞致しました!
EDA技術専門委員会

半導体部会の電子機器の設計開発を変革する国際標準化に向けた取り組みがJEITA会長賞を受賞し、去る5月27日に開催された第6回定時社員総会懇親会において表彰されました。

表彰事業: 電子機器の設計開発を変革する国際標準IEC/IEEE Dual Logo制定
     〜ものづくりエコシステムを構築する電子機器設計インターフェース標準化〜
対象委員会: EDA技術専門委員会/LSI・パッケージ・ボード相互設計(LPB)-WG

水嶋会長から表彰される福場 LPB-WG主査
水嶋会長から表彰される福場 LPB-WG主査
表彰状
表彰状

電子機器の最適設計を可能とするIEEE Std 2401™-2015(LPB標準フォーマット)を制定し、IEC/IEEE Dual Logo化を実現することで、日本企業の国際競争力維持強化と効率化を可能とし業界発展に寄与したことが評価されました。

通常3〜5年を要する規格策定を2年で達成しています。制定のプレスリリースとともに、IEEE標準の自動設計分野では米英以外の団体が提案・成立した初めての規格となることから、IEEE-SA(Standards Association)の要請を受けて同委員会のシンポジウムでの発表も行いました。

半導体部会再編に伴いEDA技術専門委員会にとっては最後の年の受賞となりましたが、IEEE Std 2401™は新たに発足する半導体標準化専門委員会/半導体設計技術小委員会において改定・改良と活用範囲の拡大(3次元や熱設計への対応)を継続し、展示・発表・フォーラムを通じた普及活動で会員各社の設計環境構築・改善を目指します。

半導体模倣品に対する注意のお願い F-GHG測定・管理ガイドライン DFM(design for manufacturability:製造性考慮設計)用語集 DFM(design for manufacturability:製造性考慮設計)用語集 DFM(design for manufacturability:製造性考慮設計)用語集 新規追加版 よくわかる半導体 半導体の社会貢献 半導体ミニ辞典 半導体の大冒険